重要な関連予備知識

日々私達の目や耳に飛び込んで来る、法律事務所がインフォメーションする過払い金の無料相談の宣伝の内容はいずれも、キャッシング経験者とすれば思わずピクリと反応してしまう程、魅力と期待感に満ちています。「驚く程高額が返金された」「返済に苦しむ日々から解放された」など、いずれもわが身に置き換えれば、今直ぐ着手せねばならない最優先課題と感じられて当然です。ですが以下に述べる通り、過払い金は誰の手にも確実に戻るとは限らず、また過去に発生していても請求不可なケースが存在する事、そして何より結果に関わらず法律事務所に支払うべき依頼に際する費用負担が求められる点など、見落としてはならない現実が存在しています。

例えば既に倒産してしまった、あるいは経営母体が変わった金融業者に関しては、過払い金の請求が出来ません。また完済から10年を経過した過払い金も請求対象外です。また法律事務所の金融業者への調査確認の結果、過払い金が一切生じていないとの結論に至るケースも十分想定されます。何より無料相談は過払い金請求に着手する前段階の『相談」であり、法律事務所が無料で過払い金を取り戻してくれる慈善的サービスではありません。こうした予備知識を正しく確認の上で、然るべき法律事務所の無料相談を利用してください。